ブログの記事ネタに困ったら。Part3 メニュー編

143 views

ブログの記事ネタに困ったら。Part3 メニュー編

 

おはようございます♪
美容室専門
スタッフ成長促進アドバイザー&POPアドバイザー
ウスイッチこと碓井勝範です。
今日は雨のスタートですね!
乾燥が和らぐので、たまの雨は好きです。

 

あ、山本太郎参院議員が天皇陛下に手紙を渡したニュース見ましたか?
騒動は拡大するばかりですね。
異例のことで、誰もがあの映像を見たら何?何?となったんじゃないでしょうか?
僕はなりました。。。はい。

 

 

 

さて、ブログの記事ネタで困ったら。Part3 です。
これまた美容師さんがブログを書く際、参考になれば幸いです^^

Part3は、「メニュー編」。
あ、これ何発も通用しないので、多用厳禁です^^

 

例えば、
—————————-

3Dカラーってどんなカラーですか?

—————————-

という質問があったら美容師さんはなんて答えますか?

 

あるある答え。
髪全体を染める色とは別に少し明るめ、又は暗めの色を間隔を開けて細かくスジ状に塗布していくカラーリング。

などとよく言われると思います。

 

僕の場合だったら、このポイントをおさえようと思います。

 

3Dカラーをした後の体験を語る

例えばワイメイクと3Dカラーの違い。(写真付き)
おっと、ワンメイクもスペックでした(汗)

 

3Dカラーのメリット、どういう人に3Dカラーをやって欲しいのか?などがあると、3Dカラーをしたあとの体験が想像できそうですね^^
逆に比較したワンメイクも3Dカラーと逆にワンメイクのメリットもありますよね?

そうすることでお客さまがメニューではなく、カラーしたあとの体験が想像でき、且つ、選びやすくなりませんか?

ブログだから写真も文字もたくさん納得するまで書けますよね?

メニュー表に書かれていることって、レストランの写真がないメニューと同じだと思うんです。

選ぶ側の視点を見ようとすると。

 

僕が思うのは、美容師さんの技術って時間をかけて学んだものだと思うんです。

だからこそ、その技術をより魅力的に見せてあげるにはどうしたら良いか?どう伝えれば良いか?そんなことを勝手に思ってしまうんです。

 

例えばカウンセリングで、3Dカラーをオススメした際に、自分のスマフォ又はiPadで自分が書いた3dカラーのブログを開いてお客さまにお見せしたらどうでしょうか?

施術を受ける前から施術後がよりリアルにイメージできるんじゃないかなって思います。

そして、感想を聞いてみてください。

「分かり辛かったですか?」って。

その返答を集めて僕に教えてください^^

 

マーケティングのスタートです♪

 

では。

 

 

楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。